タッカー・ミシン不要 豆イスの簡単リメイク

スポンサーリンク

豆イスの座面が破れました

我が家はダイニングテーブルやソファは持っておらず、
大き目のちゃぶ台で食事をしたり、くつろいだりしています。
そんな生活で活躍してくれるのが、子ども用の豆イス。
我が家のコドモ達は、食事や勉強、お絵かき等
ちゃぶ台でなにかするときは、豆イスを使っています。

そんな大活躍の豆イスですが、ついに座面が壊れてしまいました。

使うには支障ありませんが、見た目がよくないです。

ネットで調べたところ、布をタッカーで留めたり、
カバーを縫ってリメイクする方法が見つかりましたが、
タッカーは持っていないし、裁縫は苦手なので
もっと簡単な方法を自分なりに考えました。

豆イスの簡単リメイク方法

用意するもの・・・風呂敷 1枚(好みの布でも良いと思います)

我が家は、使っていない風呂敷があったので、それを使いました。
大きさはおよそ68センチ×68センチでした。

①まず、豆イスをひっくり返し、
ドライバーで座面を外します。

外れました。↓

②風呂敷の表を下にして敷き、豆イスの座面のクッション部分を下にして重ねます。

(注)座面のクッションはよっぽどひどい損傷でなければ、隠れますので、そのままで大丈夫です。(クッション部分をとる場合は、このときタオル等を風呂敷と座面の間にはさむと、多少クッション代わりになります)

③座面のねじ穴が隠れないよう、1か所風呂敷を結ぶ。

④ ③の状態のまま、イスの脚部分に座面をねじで固定する。

④残った風呂敷の角同士を、ねじを隠すように結ぶ。

➄出来上がりはこんなカンジになります。
意外と可愛いです!
我が家には、豆イスが2脚あったので、おそろいの風呂敷でリメイクしました。↓

横から見ると、こんなカンジ。↓
ちょっと横からみると、風呂敷感がありますね。
完璧主義の方には向かない方法かもしれません。

一応重ねることもできます。↓

風呂敷は、ずれないの??

このリメイクをしてから、1週間ほど、
豆イスを毎日ハードに使用していますが、今のところ、大丈夫です。
子ども用のイスですから、座面が汚れることも想定されますが、
この風呂敷リメイクなら、簡単に取り外して洗濯することもできます。

リメイク所要時間は、10~15分ほど。
我が家では、死蔵されていた風呂敷を使ったので
かかった費用はゼロ円でした。

風呂敷リメイク、「なかなか良いカンジ」と
自己満足しています(笑)。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする