トリドリのお茶

夫は、水筒男子です。
夏は冷たい麦茶、寒い時期は温かいお茶を水筒につめて
会社に持っていきます。

最近の夫は、朝5時半に起きて仕事に行くので、
私は起きずに、夫の朝食やお茶の準備等は自分でしてもらっています。
(私が起きると、子どもたちがみんな起きてしまうため)

夏の冷茶は、ほぼ麦茶一択ですが、
この時期の温かいお茶は、いただきもの等もあり、
紅茶やほうじ茶、中国茶など、いくつか選択肢があります。
ただ、すべて茶葉の状態なので、
夫がお茶を入れやすいよう、あらかじめお茶パックに入れて保管しておきます。
お茶パックに入れた茶葉は、かさばらないチャック付きの袋に入れて
マスキングテープでラベルを貼っておきます。

一時期は、ルピシアの空き缶に茶葉入りお茶パックを入れていたこともありましたが、
茶葉の種類が増えたときに気軽に対応できないのと
かさばって取り出しにくいので、やめてしまいました。
袋方式は見栄えはしないですが、
省スペースで、茶葉全種類を一度に取り出せるので、便利です。

これらをクリップでまとめて、冷凍庫へ入れておきます。

冷凍庫に保管するのは、我が家のキッチンの収納が少ないため。
棚替わりとして冷凍庫を使っています。
冷凍庫の開け閉めは、庫内の温度上昇を招いてしまいますが、
主に寒い時期の早朝に使うものなので、いいかなと思っています。

もちろん私がお茶を飲むときも、この自力ティーバックを使います。
お茶を淹れるときも、茶葉の後片付けもぐっと楽になりました。

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする