いつかおふくろの味になる?ドーナッツ

スポンサーリンク

ムスメがインフルエンザにつき、のんびりしています

ついにムスメのクラスが学級閉鎖になってしまいました。
インフルエンザおそるべし。
ムスメは比較的元気に過ごしていますが、
私とムスコに感染していないかがかなり心配です。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日。
ムスメは月曜夕方に発症したので、
我々に来るとしたらそろそろです・・・。
時限爆弾を抱えているようで、ドキドキの毎日です。

とはいえ、ここ最近、仕事やプライベート、家族の用事等で
怒涛の忙しさだったので、今、かなりのんびりできています。
繁忙期に入っている在宅仕事も、
いつ私とムスコがインフル発症するかわからない状態なので
お休みをいただきました。
毎日、家におこもりして、のんびり昼寝して、
これはこれで幸せな毎日です。

サトイモとおからのコロッケ ヒットでした

さてこの前、サトイモとおからのコロッケを作りました。
サトイモが苦手なムスメですが、コロッケにすると食べられるよう。
サトイモコロッケ、中がトロっとして、
ヘルシーなクリームコロッケのようで大好きなんです。

しかし今回は、サトイモがそんなにたくさんなかったため、
おからも入れて増量しました。
サトイモコロッケは、ベトベトして成型しにくいんですが、
おからを入れたところ、おからのモッサリ感と
サトイモのベトベトがうまく相殺されて
とても成型しやすく、味も美味しかったです!

ところで、おからは需要より供給の方がずっと多いため、産業廃棄物なんだとか。
美味しいのにもったいない!
日本人が毎日少しずつおからを食べれば、
おからは産業廃棄物じゃなくなるそうです。(むか~し、トリビアの泉で言ってました)
がんばっておからを産廃→食品にしたいものです。

フライの衣、余ったらどうしてる?

フライの衣って、絶対余る宿命にありますよね。
我が家では、あまったフライの衣の材料(パン粉、小麦粉、卵)と
砂糖を適量入れて、ドーナッツを作ります。
名付けて衣ドーナッツ!(今、名付けました)
これは、私の母がやっていたのを真似たもの。

タネの水分が多ければ、パン粉か小麦粉を足し、
タネの水分が少なければ、牛乳を足します。
残り物でつくるドーナッツですが、
パン粉が入っているため、特別な技もなくサクサクに仕上がり、
バカにできない美味しさです。

私独自のアレンジとしては、
ドーナッツのタネにそのときの気分でいろいろ混ぜ込むところ。
自家製甘夏ピールを混ぜて、甘夏ドーナッツ、
リンゴジャムとシナモンで、アップルドーナッツ、
ココアを混ぜて、ココアドーナッツ、
ココナッツとココナッツミルクを混ぜてココナッツドーナッツ、
砂糖を黒砂糖に替えて、黒砂糖ドーナッツ などなど。

今回は、甘夏ドーナッツ♪↓
パン粉多めがサクサクで美味しいです。

スプーンで落として揚げるので、一見から揚げのよう(笑)。

コドモ達に大人気のこのドーナッツ。
衣がちょっとしか余らないと、パン粉や牛乳を大量に追加して作ることも。
完全に本末転倒です(笑)。

私にとってもおふくろの味のこの衣ドーナッツ。
ウチのコドモ達にとっても、いつかおふくろの味になるのかもしれません。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
どうぞ風邪やインフルエンザにお気を付けください。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする