親子で俳句を考えてます

スポンサーリンク

自由に俳句を考えてみよう

今、伊藤園で「伊藤園お~いお茶 新俳句大賞」の作品を募集しています。
お茶のパッケージに載っている俳句、ありますよね。
あれの作品を募集しているのです。

テーマは自由で、自分で感じたことや思ったことを季語や定型にこだわることなく
五・七・五のリズムにのって表現すればよいそうです。
季語がいらず、五・七・五も少しぐらいはみ出ていいというのが
素人にも挑戦しやすいですよね。
昨年は180万句以上の応募があったそうです。

実は私、4年ほど前の「伊藤園お~いお茶 新俳句大賞」で佳作特別賞をいただき、
自分が作った俳句が「お~いお茶」のパッケージに掲載されたことがあります。
下の写真にある「自由語り」という冊子は
その際に副賞としていただいた作品集です。

さらに自分の俳句が掲載されたお茶を1ケースいただきました。

このときは、初めての応募で初めての入賞という完全なるビギナーズラックでした。
残念ながら、その後は毎年応募するも落選しています。
でも懲りずに今年も応募しようと思っています。
目指せ!文部科学大臣賞「副賞50万円」(笑)。

コドモだって俳句を作れる

そんなこんなで、最近俳句を考えていたんですが、
ふと思いました。
ムスメだって、もう小学生。
俳句、作れるんじゃない??

実際、副賞でいただいた作品集「自由語り」を見ていると
小学生の作品もたくさん掲載されています。
7歳の子の作品もいくつもあります。

先ほど、「お~いお茶 新俳句大賞とは」というページを見たら、
昨年の応募内訳が、

小学生          約29%
中学生          約22%
高校生          約41%
一般の部A(40歳未満)  約3%
一般の部B(40歳以上)  約4%
英語俳句の部                   約1%

となっていました。
意外なほど、学生の応募が多いことが分かります。
おそらく授業の一環で取り組んでいる学校もあるのでしょう。

ということで、今年の「お~いお茶 新俳句大賞」には
ムスメと応募することにしました。

ムスメの反応

ムスメに「俳句って知ってる?」と尋ねたところ
意外にも「知ってる!!」との元気な答えが。
どうやら学校のなにかで聞いたことがあるそうです。

とはいえ、いきなり作るのは難しそうなので、
「自由語り」から7歳の子が作った句をいくつか書き写して
ムスメに見せてみました。
ムスメ、やる気むんむん!

「おかーさん!できた!!」というから、聞いてみたら

「おしょうがつ おせちりょうりを つくったよ」

という句を作っていました。
うんうん、なるほど・・・ってアンタ、お節料理作ってないじゃん(笑)!!
とツッコミ入れてしまいました。

五・七・五のリズムは大事だけど、
自分が嬉しかったり面白かったり不思議だなと思ったことを表現するのが
一番大事だよと教えました。

まずは親の私が、いろいろな場面で俳句を作ってみせるのが良さそうですが、
で、できるかな・・・??

「お~いお茶 新俳句大賞」の締め切りは2月28日(水)まで。
しばらくは、ムスメと二人、俳句を楽しみたいと思います。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする