水切りかご いるかいらないか 我が家の場合

スポンサーリンク

水切りかご 3年前にやめました

シンプル生活を送っている方々の断捨離ターゲットにしばしばあがる
食器の水切りかご。
我が家も3年ほど前に廃止してしまいました。

水切りかごをやめた理由

①衛生的に気になった
以前使っていた水切りかごは、洗い場に渡して使うタイプのものでした。
そのため、水はね等で、せっかく洗った食器が汚れてしまうことがありました。

②作業台、水場が狭い
我が家のキッチンは作業台も水場もそんなに大きくありません。
料理をするだけでもいっぱいいっぱいのスペースなのに
そこに水切りかごを置くとギュウギュウになっていました。

③水切りかごを洗うのがめんどう
洗い場に渡して使うタイプの水切りかごを使っていたこともあり、
水切りかごはけっこうすぐ汚れてしまいました。
しかし、水切りかごってめちゃくちゃ洗いにくい!
きれいに洗った食器を置くにふさわしい美しさを保つことが
私にはできませんでした。

これらの理由から、まず試験的に水切りかごを倉庫にしまい、
1週間ほど過ごしてみました。
すると「全然平気じゃん」ということが分かり、
残念ながら他の使いみちを思いつかなかったため、
水切りかごを断捨離することとしたのでした。

我が家の現状

水切りかごをなくした我が家のキッチンは
スペースが格段に広くなり、作業効率が大幅にアップしました。
食器は洗ったら、そのまま作業スペースに置き、
すぐに拭いてしまいます。

ちなみに、洗った食器の下にフキンを敷いているケースも見たことがありますが、
私は特に必要と感じなかったので、直置きしちゃっています。

上の写真は、朝食後の片づけ風景です。
下にフキンを敷いていないので、
作業台に直置きしたくない箸やスプーン、レードルなどは
コップやお鍋の中に入れています。
このやりかただと、通常のようにお椀やお皿を伏せておけないので
拭くときにいちいちお皿を傾けてたまった水を出してやる必要がありますが、
特に手間だと思ったことはありません。

拭いたら、必要に応じて、少し乾かしてからしまいます。

お皿を拭き終わったあとの作業台の様子。↓

たくさんの水で濡れているので、

フキンで拭いて、完了です。

水切りかごの代用品

水切りかごがあると、お皿を洗ったあと、拭かないでちょっと放置できますよね。
あれ、やっぱりたまにいいなって思います。
我が家では、水切りかごの代わりにボウルとザルを使うときがあります。

ウチのボウルはパンチングボウルなので、水切れがそこまでよくありませんが
代用品なので十分かなと思っています。
先日の記事で「マルチな竹ザル」という記事を書きましたが、
お米の水切りをしたり、こういった用途に使ったりもするので、
ステンレスのザルも1つだけもっています。

我が家の水切りかご 今後について

現在のオマキ家のキッチンは狭いため、水切りかごを置かない方が便利ですが、
今後、より広いキッチンを使うことになったり、
コドモ達が大きくなって使う食器が増えたりすれば、
また考えは変わってくるのかなと思います。

<今後のキッチン、妄想3パターン(笑)>

①食洗器を導入する
この場合は、大量の食器洗いは機械に任せられるので
今までどおり、水切りかごは持たなくていいかなと思います。
個人的にはこれが嬉しい(笑)。

②水切りかごを再導入する
現在は、洗った食器を作業台に積み上げていっていますが、
今後、洗う食器が増えていった場合、
水切りかごを再導入した方がスペース効率が良い場合もあるかもしれません。
その場合は、水切りかごを置きっぱなしにせず、
使い終わったら、どこかにかけて干しておくなどの工夫をしたいと思います。

③今までどおり、水切りかごなし
この場合は、使うお皿をできるだけ増やさない、
スタッキングしやすい食器を使うといった工夫をするといいかもしれません。

個人的に、家事の中で一番苦手なお皿洗い。
できるだけ気持ちよく、効率的済ませられるようにしたいものです。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする