うっかり服が増えた話

この前、なんとな~く古着屋さんのセールに行ったら
気に入った服を見つけてしまい、ついつい買っちゃいました。

ガウチョ2点が、昔気に入って履きたおしたものにとても似ていたのです。↓

左側の生成り色のガウチョが麻100%、
右側の茶色のガウチョが綿麻素材、
真ん中のベルトはレザーの未使用品で各640円でした。

ベルトは今使っているものを捨てる予定なのでプラマイゼロですが、
ガウチョスカート2着は純増です。
この前、服を減らしたばかりなのに、結局また増えてしまいました。
何の目的もなくお店に行くのはキケンですね。

古着屋さんで好みの服に出会うコツ

古着屋さんって似たような商品がい~~っぱい並んでいますよね。
この中で自分の好きな商品を選ぶのって大変です。

でも「何を基準に選ぶか」これを明確にすると
割と簡単に好みのお洋服を絞り込めると思います。

私は、冷え取りをしていることもあり
身につけるものは綿や麻、毛、絹などの天然素材のものと決めています。
(化繊混は15%くらいまで許容するときもあります)
したがって、服を選ぶ時の基準も、デザインやブランドよりも
まずは「天然素材で作られてるか」を重視します。
この基準をはっきり持っていると、対象がかなり絞り込めます。

仮にブラウスを選ぶとしたら、まずブラウスコーナーをざっと見ていきます。
すると質感や見た目で化繊かそうでないかは判別できます。
(化繊を否定する意味ではありません)
化繊っぽいものを除くと、数はぐっと絞られるので
あとは、好みのデザインのものを探し、
タグで素材やサイズ、ブランドを確認。
(天然素材のお洋服は、ブランドも割と決まってきます)
試着して、気に入ったら購入します。

たとえ数百円の古着でも
色、サイズ、デザイン、状態等含めて
自分採点80点以上のお洋服でなければ買わないことに決めています。

「自分採点80点以上だったら純増でも買ってもいい」がマイルール

今回のお買い物では、3つ買って1つ(古いベルト)捨てたので
持ち物は2つ純増となりました。

言い訳じみていますが(笑)
本当に気に入ったものなら(そして使う予定があるなら)
持ち物はちょっとくらい増えてもいいんじゃないかと思っています。

私が、シンプル生活を目指す目的は
「自分と家族が幸せに楽しく暮らす」なので
今回は「モノが増えた(ガビーン)」よりも
「楽しくお買い物できた♪(イエイ!)」ということにフォーカスします。

そのうえで、自分が気分よく管理できないモノの量になったと感じたら
モノの減量など調整したいと思います。
自分にとってのモノの適量を探る試みはずっと続きそうです。

ちなみに今、こんな本を読んでいます。

服を買うなら、捨てなさい 地曳 いく子

この本によると、私の今シーズンのワードローブは
トップスは少なめ、ボトムスは今回買った分やや多めという結果になりました。

やっぱり、ちょっと反省・・・。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする