クリスマス KALDIのタルト台がラクチンでした

ムスメがずーっと前から楽しみにしていたクリスマスがやってきました!
夏頃に「あと4か月でクリスマスだ~♪」と大声で発言して、
周囲の方に「子どもっていいわねえ」と微笑まれていた我がムスメ。

思う存分、クリスマス・イヴを満喫してほしかったのですが、
今日は朝からクリスマス以外の用事で私も夫もてんてこまいでした。

ですが、バタバタの中、
なんとかクリスマスのごちそうとケーキを用意することができました。

クリスマスディナーは毎年定番がラクチン

我が家のクリスマスのごちそうは、毎年手巻き寿司と決まっています。
これは、私と夫が結婚する前から10数年続いている決まりごとです。
私以外の家族が刺身やお寿司が好きなこと、
準備が簡単なのに豪華に見えるところが
なにかと忙しい年末にぴったりだなと思っています。

「毎年この日はこれを食べる!」と決まっていると
メニューを考える手間から解放されます。
そして何回も同じメニューを作ると
どんどん内容が洗練されていく気がします。

我が家の場合は、
・手巻き以外の副菜を作っても、みんなほとんど手をつけないから作らない
・我が家の手巻きにカニカマは必要ない
・刺身は1種類でもいい
・薬味はたっぷり用意する
・今年は葉物野菜にクレソンを投入(←New)

と、今年はこんなカンジでした。
毎年やっていても、どんどん今の我が家的に内容が更新されていくところが
面白いなと思います。

子どもたちが大きくなったとき
「ウチってなぜかクリスマスは手巻き寿司だったな」
って思うのかしらと妄想するのも楽しいです。

ケーキはタルト台でラクチン

我が家のクリスマスケーキは基本的に毎年手作りです。

ホールケーキを買うのはお高いし
子どもが小さいうちは手作りを一緒に楽しみたいからです。

去年まではスポンジを焼いて、ショートケーキを作っていましたが、
けっこう工程も多くて面倒くさいんですよね。

今年は「KALDIのタルト台が美味しくて便利」という噂を聞いて
初めて試してみました。

クッキートルテ6号

KALDIのオリジナル商品というわけではないんですね。
しかしネットで買うと送料がかかってしまうので
近くに店舗があるならKALDIで買うのがお手軽かもしれません。

このタルト台にお鍋で作ったカスタードクリームをつめて
食べる直前にみんなで果物を載せれば

フルーツてんこもりタルトのできあがり~!
ラクチンだしかわいいです♪

本来ならフルーツの上からゼリーをかけたりするのかもしれませんが
すぐ食べちゃうので、問題なし!

ちょっとフルーツがこぼれるけど
クッキー部分も意外とキレイに切れました。
これで6分の1の大きさです。
クッキー台だけを見たときは、「ちょっと小さいかな??」と思いましたが
家族4人で食べるには十分な大きさでした。(2切れ余りました)

クッキー部分は、お菓子のクッキーの味なので
キッシュとかには向かないかなと思います。

次はチーズタルトを作ってみたい!と
いろいろと夢が広がります。
クッキー生地は持ち運びもしやすいので、
気の置けない友人へのお土産にタルトを作るのも良さそう。

買い置きしておきたい商品だなと思いました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする