かけこみ!ふるさと納税

ふるさと納税のCMがたくさん流れていますね。
我が家も12月になってから、いくつかの自治体に寄付をさせていただき
その返礼品で食卓が潤っています。

昨年に続いて、今年も寄付した静岡県焼津市からの返礼品

【ふるさと納税】153-147 天然南まぐろ 中トロ付ブロックセット

全く同じものがなかったけど、これが近いです。↑

家族がみんな刺身好きなので、とても嬉しい返礼品です。
焼津から直送なだけあて、お味もとてもおいしいです。
マグロの赤身はねっとり、トロはとろけます。
家族みんなが大満足!
来年もきっと寄付します!!
今日、我が家はちょっとしたお祝い事があったので、
豪華にいただきました。

デザートには、みかんを。
こちらは香川県東かがわ市からいただきました。↓

皮が柔らかくて、みずみずしくて、甘いです。
みかんは食べきる前に悪くさせてしまってはもったいないと思って
5キロのものをいただきましたが、10キロでもいけたかもしれません。
コドモのおやつやデザートにもりもりいただいています。

そのほかに、ふるさと納税を利用して
夫の実家にうなぎを送ったり(年末年始帰省できないのでご挨拶がわり)、
価格が高騰している野菜などを申し込んだり・・・。
かけこみではありますが、ありがたく
いろいろ利用させていただています。

我が家は、楽天ふるさと納税を利用しているのですが、
寄付金にも楽天ポイントがもらえるのが、かなりいいです。
場合によっては、ふるさと納税の自己負担2000円分を
ポイントでまかなえてしまいます。

オマキ家は、なんでかけこみなの?

ふるさと納税は、自治体に寄付することで
年間の合計寄付金額の2千円を超える分について
税金(所得税と住民税)の控除を受けることができる制度です。
(所得によって控除の上限があるので注意が必要です。これが意外と難しい!)

この寄付は1月~12月までの期間で区切るので、
平成29年分の寄付を12月に始めた我が家は、かけこみ組です。

理由は2つ。

①不動産を取得する可能性があったから

ローン控除とふるさと納税の併用は、調べてみると注意が必要のようです。
とりあえず今年中に住宅ローンを組む事態にはならなそうなので
寄付を少しずつ始めました。

②夫が海外転勤する可能性がゼロではないから

ふるさと納税では、所得税と住民税の控除が受けられます。
所得税は、寄付した年の所得税(今年なら平成29年度分)から控除されますが、
住民税は、寄付した翌年の住民税(今年から見たら平成30年度分)から控除されます。
つまり、所得税と住民税は控除される年度が違うのです。
所得税はすでに払った税金を返してもらえるので、問題ないのですが、
問題は住民税です。

住民税は1月1日に住民票がある場所に納付します。
つまり住民税は、1月1日(今年から見たら平成30年1月1日)時点で
海外に引っ越していた場合は払わなくていいんですね。
ということは、もし今年の12月に海外転勤となり、住民票をうつしてしまったら
住民税は課税されず(いや、これはかなり嬉しいことなんですが)
ということは、当然、ふるさと納税をしても住民税の控除は受けられないわけなんです。
(払ってない税金の控除は受けられないですよね)

夫は、「海外転勤はほぼない」と言っているのですが、
2年半ほど前に1年間アメリカに赴任したこともあるので、
油断ならないと思ってます。

海外転勤の可能性がありそうなうちは、
少しだけ注意が必要そうです。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする