デトックスシリーズ② この冬を厚手のコートなしで乗り切る!

昨年から冬のコーディネートにベストを取り入れたところ
厚手のウールコートを着る機会が激減しました。

ウールコートは温かいのですが、
重い上に洗濯が大変で、最近は敬遠していました。
そして、今年のシーズン初めに
ウールコートの袖のつけねがパックリ開いているのを発見してしまい、
とうとう断捨離してしまいました。

その結果、我が家にあるアウターは、
ベストと薄手の短めジャケットとワンピース(羽織って使います)の3点となりました。
春、秋だけでなく、冬もこの3点を組み合わせて使っています。

現在のアウター

ベスト

フードがジッパーで取り外せるタイプのもので、古着屋さんで350円でした。

袖がないので、家事をするときも邪魔にならず、家の中の防寒用としても使っています。
身体の中心を温めるからか、これ1枚でかなり防寒力が高いです。
ベーシックなアイテムが多く、間延びしがちな私のコーディネートに
アクセントを添えてくれる頼もしいお方。
私が持っているアウターの中で一番登場率が高いです。

短めジャケット

この前のフリマで300円で譲ってもらったやつです。

丈が短いので、冷え取りファッションの強い味方であるガウチョやワイドパンツとも
好相性です。
ボタンを開けて着ることが多いですが、ボタンをしめてカチッと着ることもあります。

ワンピース

10年ほど前に地元のイオンで買ってからずっと大好きな服です。
本来はワンピースなのですが、スカート丈が今の自分には短すぎるため、
最近はもっぱら羽織りものとして活躍しています。

寒いときはインナーで調節

また今年は、
無印良品のコットンウールストレッチあったかUネック九分袖シャツを取り入れたところ、
これがとても温かいのです!
ウールをコットンでつつんだ糸でできているそうですが、
ウールのチクチク感もなく、
洗濯機でガンガン洗濯することができます。(洗濯ネット使用)
冷え取りをしている身としては、綿84%、ウール10%、ポリウレタン6%と
天然素材の比率が大きいのもとてもありがたいです。
最初に2着買って、毎日交互に着ていたのですが、
この前、店舗で半額になっていたのを見つけて、迷わずもう2着買い足しました。
特別寒い日は、この肌着を2枚重ねるとかなり温かく、守られているカンジがします。

また、ガウチョをはくときは、
下にペチコートを重ねると、とても温かいです。
フリマで100円でした。↓

コーディネート例

私は、あまりオシャレさんではないのですが、
他の方のブログのファッション記事を見るのが大好きなので
コーディネート例を載せてみます。

ベースコーディネート。↓

秋は、このコーディネートにベストを足します。↓

温かいうえにコーディネートにもメリハリがついて、好きな組み合わせです。

もっと寒いときは、こう。↓

今日の湘南はなかなか寒かったですが、この組み合わせで無事乗り切れました。

ワンピースのコーディネート例はこちら。
秋バージョン。↓

もっと寒いバージョン。↓

はい!つまり、寒い時期はベストを中に着て調節しているってことですね。

う~ん、シンプル生活を志しているくせに、アウター多いですね。
ミニマリストの方だったら、アウターも1つで
私服も制服化されていたりするんだろうな、と憧れます。
しかし、私はかなり飽きっぽいのです。
毎日同じ服ばかり着ていると、そのうちうんざりして
反動で変な服を衝動買いしないとも限りません。

今の私には、これくらい選択肢があったほうが
楽しく暮らせるようです。

ウールコート断捨離は、湘南だから可能なのかも・・・

ウールコートを断捨離すると夫に言ったら、正気の沙汰を疑われました(笑)。
私も夫も雪国の出身で、冬は寒い!ということが骨身にしみています。
さらに、雪が降ってくると、コートも濡れることが多いので
薄手のアウターはやっぱり心もとないと思います。

でもまあ、今年の年末年始の休暇は、雪国に帰省しないので
しばらくはこの方式でいってみようと思います。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする