布オムツをリメイクした布ナプキンの使い心地

先日、記事にした布オムツを布ナプキンにリメイクした件ですが、
使ってみての感想をアップしたいと思います。

(以下、女性の生理の話が続きますので、苦手な方はお戻りください。)

おさらい 布ナプキンとは?

布ナプキンとは、文字通り布でできた生理用ナプキンのことで
従来の紙ナプキンやタンポンとの最大の違いは使い捨てではないことです。

大きく分けて、
紙ナプキンのような形に成型してある一体型と
普通の布を折りたたんで使うプレーンタイプがあります。
プレーンタイプはカバーとセットで使うことが多いです。
ちなみに我が家の布ナプキンの内訳はこんなカンジ↓

布ナプキンのメリットとしては、
①使い捨てじゃないので、ゴミが出ない
②紙ナプキンの買い置きをあまりしなくて良い
(私は、長期外出用と災害用として、一定量の紙ナプキンを備蓄しています)
③着け心地が柔らかく、温かい
④匂いがあまり気にならない
➄ムレ・かぶれが起きにくい
⑥排経(月経血をコントロールしてトイレで排出すること)に意識的になる
⑦生理痛が軽くなる(私はもともと生理痛がほとんどないので、分かりませんが)

などがあります。
私が特にいいなと感じるのは、着けたときあったかく感じるところ。
自分の身体をいたわってるな~という満足感を得られます。
冷え取りを始めてからは、自分の身体の冷えに以前より敏感になったことも大きいです。
とくに今のような寒い季節に布ナプキンをあててあげると、
身体がホッと安心します。

ちなみに私が感じた布ナプキンのデメリットは
①長時間の外出のときや泊りがけの旅行のときは、工夫が必要
②洗濯ものが増える
③着け置きや洗濯ものを干すときに家族の目が気になる
④始めるときに少しまとまった投資が必要

などです。

①については、私は丸1日の外出や泊りがけの旅行・外出のときは
さくっと紙ナプキンを使っています。
布ナプキンのほうが気持ちがいいけど、そこまで固執もしなくていいかな、と。
どうしてもずっと布ナプキンを使いたければ、私なら
使用済みの布ナプキンを入れるジップロックを持ち歩くか、
いらない布を切って、使い捨て布ナプキンにするかな~と思います。
専業主婦だからできることかもしれませんが・・・。
もし外で働いていたとしてら・・・
1、2日目は紙ナプキンやムーンカップ(これも気になってる)など
3日目以降は布ナプキン、とかかなぁ。

②については、100円ショップに売っているセスキ炭酸ソーダを溶かした水につけこむと
びっくりするくらいきれいに落ちます。
が、つけ置き水の色がなかなかすごい血の色なので、苦手な人は苦手かなと思います。
ちなみに汚れ落ちも洗濯後の乾きも一体型よりプレーンタイプのほうが断然良いです。

③は、主に夫の目が気になりますが、やっていることといったら
つけ置きのバケツを蓋つきにしているくらいでしょうか。
我が家はこじんまりした賃貸のテラスハウスなので
完全に夫の目から布ナプキンを排除することは難しいです。
ありがたいことに我が家の夫は何も言ってこないですが、
実家暮らしなどで洗濯担当が自分以外という場合もあるでしょうし、
家族の理解というものも必要かもしれませんね。

④は、始めは買わずにその辺の布を当ててみるというシンプルな方法でもいいかもですが
私はひととおりそろっているものを買いました。
たしか8000円くらいしたと思います。
高かった・・・。
でも可愛い布でできた布ナプキンは、布ナプビギナーだった私にとって
テンションとモチベーションをあげてくれるものでした。

ちなみに、こちらの店の福袋で購入しました。↓
布ナプキン専門店〜ジュランジェ〜

買うほうが敷居が高いのか、自作布ナプキンが敷居が高いのか・・・
人それぞれかもしれませんね。

ちなみに、布ナプキンを始める前にかなり不安だった「漏れ」は
私はあまり感じたことがありません。
経血の量がそんなに多いほうじゃないこともあると思いますが、
私は紙ナプキンのほうがその機能を過信してしまい失敗することが多かったです。

布オムツで作った布ナプキンのレビュー

前置きがとても長くなりましたが、
布オムツナプキンの使い心地をレビューします。
一言でいうと、とても良かったです!

赤ちゃんに使う生地(私はドビー織の生地を使いました)なので
肌ざわりはとても優しく、温かいです。
前回の記事で紹介したように
まず半分に折ってから、3等分にジャバラ折りして使ってみたところ(12重になってます)
1日目、2日目ともに漏れなく快適に過ごすことができました。

昼間用には布オムツを3等分に切ったものを
夜には2等分に切ったものを使用しましたが、
私は夜も問題なく過ごせました。
念のため、夜用の一体型布ナプキンを下に敷いて
その上に布オムツナプキン(夜用)をあてて寝ましたが
一体型布ナプキンのほうには、ほとんど漏れがなかったです。

洗濯も、セスキ炭酸ソーダにつけおけばするりと汚れが落ちてくれます。
干すときも一見してナプキンとは分からず、見た目もさわやかです。
(夫には「なにこれ?」と聞かれましたが・・・)

ということで、布オムツナプキン、これからも使い続けること決定です。
必要なものが家の中にあるものでまかなえて、よかった。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする