おねしょ対策 ピスコールレポート⑥ おねしょ完治宣言!

スポンサーリンク

ピスコール、その後

およそ1年前にアラーム療法のセンサー「ピスコール」を使い始めた我が家。

いくつかあるおねしょ対策用のセンサーの中で「ピスコール」を選んだ決め手は、センサーと受信機がコードレスである点でした。
コードレスだと、コドモへの負担が少なく、睡眠の質もあまり下がらないように思います。


おねしょアラーム『ピスコール』(パッド90枚セット) - おねしょの治療や改善に ★夜尿症専門医療機関の認定推奨製品★

ムスメは、毎晩ピスコールを使い、およそ3ケ月で毎日パンツで寝られるようになりました。

詳しくは、過去の記事をご覧くださいませ。↓

おねしょ対策 ピスコールレポート① 購入に至る経緯 
おねしょ対策 ピスコールレポート② ピスコールの使い心地 
おねしょ対策 ピスコールレポート③ ピスコールを2か月使った効果 
おねしょ対策 ピスコールレポート④ ピスコールを3月使った効果 
おねしょ対策 ピスコールレポート➄ おねしょ、ちょっぴり再発?! 

前回の記事でもご報告したとおり、夏から秋にかけて気温が下がった頃、たま~~におねしょが戻ってしまうことがあったムスメ。
しかしその後は、冬至を過ぎても、大寒を過ぎても、立春を過ぎても、おねしょは4ケ月以上全くなし。

気温が下がるとおねしょが増えるということがあったムスメですが、最も寒い1,2月をおねしょゼロでやり過ごしました。

・・・と、いうことはですね、
もう宣言しちゃってもいいかな、と思います。

ムスメ、おねしょを治しました!!!

ばんざーい! ばんざーい!!!

ムスメは「これで小学校のお泊りの行事でも安心だね♪」と、とっても嬉しそう。
親の私も、本当に嬉しかったです。

おねしょ完治を実感するのに、1年  長いか否か

我が家のムスメは、5月末にアラーム療法を始めて、3か月ほどで目覚ましい効果が表れました。
しかし、「長くて寒い冬の間、全然おねしょがなかったから、もう治ったってことだよね」と、親子で確認しあったのは、つい最近のこと。

おねしょ完治を実感するまでの期間はおよそ1年と、当初の目論見よりは長期戦となってしまいました。
とはいっても、アラーム療法を行うまではほぼ毎日出ていた夜尿が、アラーム療法を始めておよそ3ケ月でほぼなくなったのです。
アラーム療法をしていなかったら、ムスメは今も夜尿に悩まされていた可能性が高いです。

我が家としては、「やってよかった」と思っています。

もちろん夜尿にはいろいろな原因があるので、アラーム療法が効くお子さん、効かないお子さん、いろいろいるとは思いますが・・。
我が家の一例のご紹介でした。

ちなみに、今は出番がなくなったピスコール。

現在3歳のムスコ(絶賛夜尿中)が夜尿を卒業したときに、メルカリなどで次の方に渡したいと思っています。
果たしてムスコは、ピスコールのお世話になるのか、それとも自然に夜尿がなくなっていくのか・・・もう少し、見守りたいと思います。


おねしょアラーム『ピスコール』(パッド90枚セット) - おねしょの治療や改善に ★夜尿症専門医療機関の認定推奨製品★

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする