ピザソースなしの自家製ピザ

スポンサーリンク

ムスコの誕生日でした

先日、ムスコが3歳の誕生日を迎えました。
元気いっぱいに育ってくれて、本当に感謝です。

誕生日プレゼントは、夫プロデュースのプラレール。

さっそくほかのオモチャと組み合わせて遊んでいます。
小学校2年生のムスメも夢中になって遊んでいました。
男の子オモチャの定番中の定番のプラレールですが、やはり名作ですね。
創造性が刺激される、ステキなオモチャです♪

お誕生日お祝いご飯はピザ

誕生日祝いのご飯は「お刺身とピザ(どちらもムスコの好物)、どっちがいい?」と聞いたら、「ピザ!!!」という元気な答え。

宅配ピザや外食ピザは高くつくので、我が家でピザといえば、手作りピザ。
直径25センチほどのピザ3枚で、大体400円くらいで作れます。
ピザ生地もまず失敗しないので、時間さえあれば(発酵したりするので)気楽に作れます。

我が家のピザはピザソースなしが定番

ピザというと、ピザソースを買ったり作ったりする場合もあるかもしれませんが、我が家では、超簡単に済ませてしまいます。
それがコチラ↓

トマト缶(ダイス)と塩です。
それを、ただ混ぜるだけ。
塩の量はお好みですが、チーズやベーコン、ソーセージなどの具材の塩気がけっこうあるので、控えめで大丈夫です。
トマト自体が旨味の強い食材なので、我が家ではトマト缶1缶に対して、塩3分の1くらい入れています。

上の写真では鍋にいれていますが、単にボウルがなかっただけで、火にもかけていません。
とにかくラクチンです。
お好みで、コショウやオレガノ、バジル、タイムなどのドライハーブを入れるともっと美味しいです。
クレイジーソルトなど、ハーブ塩を使うのが一番お手軽かと思います

ただ、火にかけていない分、水っぽいのでピザ生地に油(我が家ではオリーブ油を常備していないため菜種油を塗ってますが、オリーブ油がベスト)を塗ったほうが良いと思います。

油を塗ったら、その上にトマト缶ソースを載せて

具材をモリモリ載せて(自家製ピザのだいご味ですね♪)

焼きます!

ちなみに断面はこんなカンジ↓

油を塗っているので、生地がベチョベチョになっていません。

トマト缶ソースのピザのいいところ

トマト缶ソースのピザは、ピザソースのものよりトマト風味が強く、あっさりしています。
ピザソースは、「ピザを作ろう!」と思って買うことが多いと思いますが、トマト缶は大体家に常備してあるので、ピザ作りへのハードルが少しだけ下がります。
また、塩分を自分でコントロールできるのも気に入っています。

ちなみに、我が家のピザ生地の配合は、

強力粉300グラム、ドライイースト小さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ半分、油大さじ1、ぬるま湯185㏄

です。
いつも作るパンの配合と同じなので、見なくても作れます。
これもピザ作りへのハードルを少しだけ下げてくれます。

とはいっても、やっぱりいつもの食事よりは大変なんですが・・・。
コドモ達も手伝いたがるので、母はちょっとヒヤヒヤしてしまいました。
でもコドモ達の喜ぶ顔が見られて良かったです。
ムスメも「自分の誕生日のときもピザがいい!」と言っているので、またせっせと焼かなくては・・・。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする