コドモが熱で幻覚や幻聴?? 熱せん妄でオロオロしました

ムスメ発熱

昨日、ムスメが学校から帰ってきたら
「お休みのお友達が多かった」と話していました。
「あらま~、風邪流行ってるのかね」なんて言いながら
「暑い暑い~~」というムスメに
バーミックスでガ~ッとかき氷を作ってやりました。
(バタバタしていたので、画像使いまわしですみません↓)

そして、夕方、何気なくムスメの身体を触ると「熱っ!」。
体温をはかってみると39度越えでした。

帰宅直後から「暑い」といってたのは、どうやら熱のせいだったようです・・・。
学校での欠席者の多さとムスメの体調の急変ぶり(朝は元気だった)から
なにか伝染性の良くないモノをもらってきたか・・・??と疑う私。
とはいえ、本人は熱以外は食欲もあり、元気そうなので
小児科には翌日行くことにして、就寝しました。

ムスメ、謎の怖がりかたをする

コドモ達が就寝して、しばらく経った頃、
ムスメの泣き声が寝室から聞こえたので行ってみると
ムスメがすすり泣いています。
訳を聞いてみても「あそこが怖い!」と、
よく分からないところを指さすだけで、全く意味が分かりません。

とりあえず、窓を閉めたり、ふすまを閉めたり、
考えられることをしましたが、ムスメは全く落ち着きません。
ムスメは、怖がるばかりでなかなかきちんと説明してくれず
私も若干起り気味に(ごめん・・・)聞きだしたところ
「変な人が2人いて、大きな声でしゃべる」とか
「ブルドーザーみたいな車が自分に向かって走ってくる」とか
「黒人の人が病気で、車に乗っている」とか!

怖いこと言うんです(泣)。

当然ながら、寝室には
変な二人組はいないし、
ブルドーザーなんてあるわけないし、
黒人の方もいません。

私は見えない世界をすごく信じるタイプです。
即座に思いました。
「ムスメ、幽霊見えちゃってるじゃん。ていうかこの家、そんなにうじゃうじゃいるの?!」

しかしですね、ネットで「子ども 熱 幻覚」というキーワードで検索したところ
ムスメの症状に該当するものがありました。

それが「熱せん妄」です。

熱せん妄とは

熱せん妄とは、熱を出したときの異常行動のことで
幻覚や幻聴が表れ、興奮状態になることをいうそうです。
発熱によって、ノルアドレナリンやドーパミンが大量に放出され、
精神神経症状があらわれるとのこと。
一般的に脳が未熟な子どもがなりやすいとされています。

そういえば、ムスメがインフルエンザにかかったとき
かかりつけの小児科の先生から
「インフルエンザは、タミフルを処方されなくても異常行動を起こす場合があるから、目を離さないように」とアドバイスをいただいたのを思い出しました。

熱せん妄の対処法

基本的には、大人がしっかりついて経過観察することが大切なようです。
たしかに、異常行動でいきなり窓から飛び降りたり、
家から出かけようとしたら、かなり心配です。

また、熱性けいれんを起こしたり、
意識がはっきりしない場合は、インフルエンザ脳症という
死亡率も後遺症が残る確率も高い恐ろしい病気の可能性があるので
すぐに医療機関を受診したほうが良いとのことです。

我が家の対処法

我が家では、まず私が布団の上でムスメを抱きしめて
「ここには変な人はいないから、大丈夫だよ」と何度も話したのですが、
なかなか興奮がおさまらなかったです。

そこで、まだ12時前で夫も起きていたことから、
一度ムスメを明るいリビングに連れて行ってお茶を飲ませました。
ムスメと私と夫と、深夜のW杯を見ていたら、
ムスメが大分落ち着いてきたので、どんな幻覚が見えたのか聞いてみました。
(興味あったんです)

すると、さっきまであんなに怖がっていたのにケロリとして、
こんなものが見えた、あんなものが聞こえた、と話してくれました。
「あらら~、それは怖かったね~。お熱が出ると、頭がびっくりして本当はないものが見えちゃったりするらしいよ。でも嫌だったよね~」なんて、話しているうちに
私が眠くなってきたので、
「そろそろ寝ない?」とムスメを誘ってみました。

最初は、渋っていたムスメですが、
明るい部屋では怖いものが見えないから、という理由で
寝室の電気を明るくして寝るなら大丈夫!ということになりました。
ぐっすり眠っている2歳のムスコを起こさないように、そっと寝室の電気をつけて
ムスメと一緒に就寝し、無事に朝まで寝ることができました。
(寝室の電気は、あとから寝に来た夫が消してくれたようです)

今日、小児科を受診したところ、
普通の夏風邪ということで、一安心しました。
ムスメの受け答えがしっかりしているので、
脳症の心配もない、とのことでした。
ムスメは、熱せん妄を起こしたときの体温が、37度台と
決して高熱ではなかったので、その点も聞いてみましたが、
「熱がそこまで高くなくても、身体がウィルスと戦っているから、熱せん妄になることもあり得る」とのことでした。

そういえば、私も熱せん妄?の記憶が・・・

ムスメから聞いた、せん妄を起こしたときの幻聴で
「英語の人が何か話しつづけている」というものがありました。
正確には、「人が何かを話しているけど、何を言ってるかは分からない」というもの。

ずっと忘れていたんですが、これ、私も覚えがあります。
熱があったときかは覚えていないですが、
調子が悪いときは、たびたび「何を言ってるか分からない話し声」が聞こえてきました。

私は、ムスメほど恐怖を感じなかったので(今のムスメより大きかったのだと思います)
真剣に何を言っているのかを聞き取ろうとしましたが、ダメでした。
あの不思議な声を聴きながら見つめていた実家の子供部屋の景色まで思い出せます。
懐かしい思い出です。

熱せん妄、知っていれば驚かずに落ち着いて対処できる

今回、ムスメが初めて熱せん妄という症状になり、
自分自身、かなり驚き、怖かったのですが、
もし次回があるなら(なくていいですが)、次は冷静に対処できそうです。
やはり、熱を出している子どもからはあまり目を離さない方がいいなと思いました。
窓のカギなども気を付けたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする