布オムツを布ナプキンにリメイク

3年ほど前から布ナプキンを始めました。
といっても、始めた直後にムスコを授かったため
使用歴は1年未満ですが・・・。

(ここからは女性の生理のお話がつづきますので苦手な方はお戻りください)

スポンサーリンク

布ナプキンを始めたきっかけ

私が布ナプキンを始めたきっかけは
服部みれいさんの「あたらしい自分になる本」を読んだこと。

この本は本当に大好きな本で、冷え取りをする上でもとても大きな影響を受けました。
この本で「排経」を提唱されている才田春光さんという方が紹介されていて
読んでいるうちに
「私、この人に会ったことあるな~?」
と思って調べてみたら、やっぱり!
独身時代に金沢に一人旅をしたときに
ふらりと春光さんのお店にお邪魔していたのでした。
私がお店にお邪魔したときは、たまたま他にお客様がいらっしゃらず
贅沢にも春光さんを独り占めして
春光さんが手がけられているピールアート(果物の皮を使った創造芸術)を
解説していただいたり
ピールアートを手ほどきしていただいたり、
そうそう!そのときに確かに排経についても伺いました!

ちなみに「排経」とは月経血をトイレで排出することで
昔の女性は当たり前に出来ていたんだとか。
私、できない・・・ガビーン。

が、そんな素敵な出会いがあったにも関わらず
独身で病気もする前だった私は
「興味あるけど、難しそうだし今はいいや」
と、布ナプキンも排経もあっさりスルーしていたのでした。

で、ムスメを出産して盛大に体調を崩し
家族にも心配と迷惑をたくさんかけて
やっとこシンプルですこやかな生活を目指すようになった私。
もう一度春光さんに本の中で出会い
「これは運命だ!!!」と勝手に思い、
今度はソッコーで布ナプキンを始めたのでした。

布ナプキンはどんなタイプが使いやすい?

最初は布ナプキンについても全く分からなかったので
一通りそろっているものを買いました。

布ナプキンには大きく2つのタイプがあって、

①紙ナプキンみたいに成型されている一体型
こんなやつですね↓

②ただの布を折り重ねて使うプレーンタイプ
こんなやつです↓

が、あります。

で、使ってみると断然!プレーンタイプが使いやすいんですね~。
・なんといっても汚れがさくさく落ちる。乾きやすい。
・経血が少ないときは、汚れたところを内側に折りたたんで、
交換せずにもう一度使える。(つまりけっこう長時間の外出もイケル)
・洗濯して外に干していても、あまり「ナプキン!」という感じがしない。
などなど、メリットがたくさん。

でも最初に買ったセットのなかにはプレーンタイプの布が3枚しか入ってなかったんです。
足りないよ~、圧倒的に!
でもちゃんとしたものを買うと、プレーンタイプって1枚1000円くらいする・・・。
高い!
ということで、
「布ナプキンって原材料布なんだから、自分で作ればいいじゃん」
「布も買うと高いから、家にあるもので作れないかな~(家中じろじろ)」
「よっしゃ!布オムツ発見。これでいいや」

長い前置きになりましたが、
布オムツで布ナプキン(プレーンタイプ)を作ることにしたのでした。

布ナプキン(原材料:布オムツver)作り方

①まず布オムツを

はい!3等分にします。(夜用なら2等分でも)

②中表にひっくり返して、両端、または片端を縫って輪っか状の布を作ります。

赤い線のところを縫います。
青い線のところはすでにつながっています。
縫ったら、表側にひっくり返して出来上がり。

そうです。布オムツユーザーの方はお分かりのとおり
輪オムツのちっちゃいバージョンを作っただけです。
結局布を何枚も重ね合わせて縫いあわせちゃうと
その中に汚れが入り込んでしまうし、乾きづらいので
衛生的によろしくないんですよね。
たくさん重ねたいなら、普通に折り重ねて使えば全然問題なしです!

ちなみに使い方は
まずナプキンを↓

横半分に折り↓

さらに3等分に折って、当てる!だけです。↓

布オムツの布は薄いですが、この折り方だと12枚重ねなので漏れにくいんじゃないかな~と
思います。
思います?んん?
そう、実はまだこのナプキン使ってません。
長々と書いたくせにすみません!

使ったら、またレポートしますね。
レポートアップしました。こちらからどうぞ。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする