ムスメと図鑑 その後

あいかわらず、図鑑が好きです

我が家の小学校2年生のムスメですが、
あいかわらず、図鑑を楽しく読んでいます。

関連記事 → 図鑑と地図の横断読みで知識の点と点が線になった瞬間

↓の図鑑を愛読しているので、
世界遺産については、私より物知りになりつつあります。

最近の私とムスメの会話↓

私  「ペルーってさ~、イースター島があるところだよね~」
ムスメ「ちがうよ。それは、チリでしょ!」
私  「えぇっ?!!じゃあ、ペルーってなにがあったっけ??」
ムスメ「ほら、あれ。あの地面におっきい絵が描いてある・・・」
私  「ナスカの地上絵か!!」

かろうじて、ナスカの地上絵という単語を言えたから、
親としての面目は保てた・・・でしょうか?(微妙!!)

読むだけから、進化

昨日、ムスメと図鑑の内容について話をしていたら、
突然ムスメが
「自分でも図鑑を作ってみる!」と言い出しました。

面白いことを思いつくなぁと思って見ていると、
図鑑を見ながら、自分で印象に残った部分をまとめていたようです。

ムスメが一番最初に書いたオリジナル図鑑の第1ページは
なんとアウシュビッツ。
「人るいがつくりだしたじごく」とムスメの字で書いてあります。

ピラミッドとか、ピサの斜塔とか、
ムスメの好きなページはたくさんあるはずなのに、なぜアウシュビッツ??

たぶん、最近一緒にアウシュビッツのページを見て
私が分かる範囲で話をしたからだとは思いますが・・・。
ちょっと驚いてしまいました。

ムスメは、アンネの日記を読みたがっていたのですが、
小2にはちょっと難しそう。
とりあえず、アンネの伝記を
簡単な漫画で読める本を探して渡してみようと思います。

今後も、ムスメの興味がどんな方向に向かっていくのか
楽しみに見ていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする