我が家にある単機能な道具 ②ホットサンドメーカー

スポンサーリンク

おやつにも食事にも便利なホットサンド

ホットサンドとは、パンに好きな具を挟んで両面を焼いたもの。
外がカリカリ、中からジューシーな具があふれ出てくるのがたまりません。
外から圧迫して焼くので具がこぼれにくく
普通のサンドイッチより気軽に自由に作れるところも魅力です。

ハムやチーズはもちろん、
あんこやカスタードクリームなど甘いものをはさんでも美味。
食事やおやつに大活躍しています。

ホットサンドメーカーを買った理由

ホットサンドは、フライパンやオーブントースターなどを使えば
ホットサンドメーカーを使わずに作ることもできますが、
我が家は専用のホットサンドメーカーを買いました。

購入を決めた理由は3つ。

①コドモが食べやすい
フライパン等で作った場合、しっかりプレスできず
コドモには食べにくい場合があるようです。
ホットサンドメーカーでしっかり圧着すると具がこぼれにくいです。

②今後、キャンプで使いたい
泊まりキャンプでの朝ごはんに使いたいな、と憧れて。
(まだ実現できていませんが)

③専用の道具があると、簡単で楽しいから
たくさんの道具があると管理が面倒くさいなぁとも思いますが、
便利・楽しいこともたくさんあります。
今回は、道具が増える面倒さより道具がある楽しさを選びました。

我が家が購入したホットサンドメーカー

それがコチラ↓

杉山金属株式会社のスマイルクッカーDXです。
こちらは、金属加工で有名な新潟県燕三条の会社で作られた日本製で
品は確かだと思います。

こちらのホットサンドメーカーを選んだ理由は

①パンがしっかり密着して閉じる
ホットサンドメーカーの内側に四角い枠があり、
食パンの中に具をしっかりと閉じ込めてくれます。

コドモが食べるとき、こぼれにくくて食べやすいと思います。
(こぼれるときはこぼれますが)

②IHと直火どちらも使うことができる
我が家は現在、ガスのキッチンですが、
IHキッチンでも使えるように。

③上下着脱できる


着脱できると洗いやすいです。
バラバラにして小さなフライパン×2とも使うことができるそうですが
我が家では使っていません。
ゆえに我が家では、ホットサンド専用の単機能グッズです。

④玉子を割り入れて、そのままパンにはさめる
次の「作り方」でご説明しますが、
食パンを圧着させる四角い枠内に玉子を入れて
ホットサンドを作ることができます。

我が家の定番ホットサンド(玉子入り)の作り方

それではスマイルクッカーDXでの
ホットサンドの作り方です。

①まず、ホットサンドメーカーを温めます。

②ホットサンドメーカーに油を敷きます。
テフロン加工をしていますが、
玉子を焼くときは、よりスムーズに玉子がはがれやすいよう
油をぬると良いと思います。

③玉子を割り入れる

④フタを閉めて、玉子に火が通るまで待つ。


半熟くらいの火加減にしたいところですが、
できあがったホットサンドを切るとき、
半熟すぎると黄身がダラダラこぼれてしまうので
私はややしっかり目に火をとおします。

➄目玉焼きの上に食パン(8枚切りか10枚切り)を載せて、フタをしてからひっくり返す。
パンの上に載っているのが、ひっくり返った目玉焼きです。

⑥そのほかの具や調味料を載せていく。
下の写真は、ハム、新玉ねぎ、水菜、マヨネーズです。
水菜は入れすぎると水っぽくなるので、そこそこにします。

最後にチーズをのせると、チーズが接着剤がわりになって
具がこぼれにくいです。

⑥具の上に食パンを載せる。

⑦フタをとじて、圧着!


ぎゅーっ!!!
圧着するための四角い枠を食パンの真ん中に持ってくるのが
けっこう難しいです。
ずれたところで、そこまで大変なことにはなりませんが。

⑧両面がきつね色になるまでこんがり焼いたらできあがり。

半分に切ったら、いただきます!!

通常は、食パン2枚を使ってホットサンドを作りますが、
この前1枚しか食パンが余ってなかったので
無理やり1枚の食パンでホットサンドを作ったら、
一応できました(笑)。↓

スマイルクッカーDXは、蓄熱性がとても良く
2つ目以降を焼くときは、ちょっと油断すると焦げてしまうのでご注意を!
アツアツのスマイルクッカーDXを流しにおくと
ものすごい音と水蒸気がもうもうと出るので、
かなりの熱を蓄えることができるようです。

ホットサンドは、具を工夫すれば
赤、緑、黄色の栄養素がひととおり摂ることができるので、
お手軽な朝食や昼食の救世主です。

できあがったホットサンドは、
外側がサクサク、パンの耳部分はカリカリ、中はアツアツでとっても美味しいです。
ただし2歳のムスコには、パン耳部分は食べにくいようで
いつも残しています。

スマイルクッカーDXのデメリット

ほぼ私の欲しい条件を満たしてくれているスマイルクッカーDXですが
不満がないわけではないです。

①デザインがイマイチ
ホットサンドというと、なんだかとってもオシャレなイメージですが、
スマイルクッカーDXのルックスは、ちょっぴり野暮ったい印象です。↓

同じメーカーでも、こっちの色↓のほうが良かったかもと、少し思っています。
ちなみにスマイルクッカーDXと下↓のサンドdeグルメの違いは、
杉山金属株式会社のHPによると
本体カラーおよび本体外装のフッ素樹脂加工の樹脂の組成とのことです。
(スマイルクッカーDXのほうが焦げ付きにくいそうです)

そして今調べたら、同じ杉山金属株式会社から
こんなオシャレなホットサンドメーカーが出ているではありませんか!↓
可愛い焼き目がついて、しっかり周りを圧着してくれるのも
スマイルクッカーDXと同じです。
IHには対応していないようですが、ガス火派の方には良さそうです。

②継ぎ目がサビてきた
これは私のお手入れが悪いのかもしれませんが、
最近、継ぎ目がサビてきてしまいました。

へこんでいる部分なので、フキンが届きにくく水分が残ってしまったのかもしれません。
使っている分には不都合はないです。

ホットサンドLOVE

ホットサンドメーカーで作るホットサンド。
普通のサンドイッチより気軽に、自由に作れるところが魅力だと思います。
じゃんじゃん作って、より一層ホットサンドメーカーと仲良くなっていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする