カタカナはアニメで覚える!

もうすぐ小2のムスメ、カタカナが怪しいです

前々からうっすら思っていましたが、
ウチのムスメはカタカナが怪しいです。

終業式前に返ってきたカタカナのテストは空欄がいっぱいでした・・・。
カタカナの読み書きができない大人はあまりいないので
いつかはできるだろうと思っていますが、
せっかく春休みなので、ちょっとカタカナのおさらいをすることにしました。

ムスメが好きなアニメにはカタカナがいっぱい

最初は、安いカタカナドリルでも買おうかと思ったのですが、
ああいったタイプの教材は
就学前の子ども向けに書き順等から入るものも多く
ちょっと違うかなと思いました。

そして
「というか、別にお金を使わなくてもカタカナくらい勉強できるじゃん」
と気づき、教材を自分で作ってみました。

その名も「おかあさんプリント」!

興がのって、国語だけでなく算数も作ってしまいました(笑)。

「おかあさんプリント」の特長はなんといっても、
その子のことを知り抜いたおかあさんが問題を作れること。

我が家のムスメが大好きなディズニーアニメやプリキュアやアイカツ!には
カタカナの言葉が、い~~~~っぱい出てきます。
カタカナ問題作り放題です(笑)。
もう少し時間をかければ、アニメの内容で
算数の文章題も作れそう。

おかあさんプリント ムスメの反応

いつもと違うお勉強にムスメも喜んで取り組んでいます。
なにより、親が手間と時間をかけてくれることが嬉しいみたいです。

といっても、いらない紙の裏に15分くらいでチョロッと書いただけなんですが。
カタカナ問題だけなら、5分ほどで15問くらい余裕で作れてしまいます。

問題を作る上で意識したのは、
算数も国語も、実生活に近い内容にすること。
りんごとバナナの数の差ももちろん大切ですが、
お財布の硬貨を集めて、総額計算とか早くできるようになってほしいので。

勉強したことと実生活のリンクというのが
学ぶ上で、けっこう大事なんじゃないかと思っているのです。

春休みはおうち勉強

春休みは宿題がないので、家庭学習で
学習の習慣を途切れさせないようにしたいと思っています。

というのも、冬休みに1週間ほど家庭学習をさぼったムスメ、
なんと「9」の書き方を忘れてしまったのです(笑)!
(数分、「あれ??わかんない~(泣)」と悩んでました)
コドモって、覚えるのも早いけど
忘れるのも本当~~に早い!早すぎる!!

細く長く続けていければいいな~と思います。

今日も訪問していただき、ありがとうございました。

ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする