図鑑と地図の横断読みで知識の点と点が線になった瞬間

図鑑好きなムスメ

4月から小学2年生になるムスメは、図鑑がとても好きなようです。
気が付くと(たまにご飯中でも・・・)
図鑑をめくって、ページを眺めています。
また、以前紹介した日本地図のパズルや地図の絵本も相変わらず大好きです。

現在、我が家にある地図や図鑑等、知育系の本はコチラの5冊+パズルです。
 

点と点がつながった!

この前、ムスメが世界遺産の図鑑を読んでいたところ、
イタリアのピサの斜塔のページを見て
「あ!ガリレオだ!」
と、言いました。

そして、急いで実験大百科をめくってガリレオのページを見つけ出すと
「ほら!おんなじ」と私に見せてくれました。
そこには、ピサの斜塔でガリレオが実験をしたという漫画がありました。
それぞれバラバラにながめていた図鑑同士が
彼女の頭の中でピピーンと関連付けられたようです。

ムスメにピサの斜塔のある場所を聞いてみると
「イタリアって書いてあるよ」との答え。
世界地図の絵本で、この前イタリアを見ていたのは知っていたので
「どこにあるか知ってる?なんの形だっけ??」と聞いてみると、
「ヨーロッパ!長靴!!」と元気に答えました。

ムスメの興味のおもむくままに買い集めていた図鑑や地図でしたが、
こんなふうに知識の点と点が線になる瞬間を見られたのは、嬉しかったです。
コドモってすごいなぁ。
「コドモの好奇心よ、すくすくと育て」と思った出来事でした。

我が家の図鑑・地図 買った順番

我が家が初めて図鑑を買ったのは、およそ1年前。
これらの本にばっちり影響を受けてのことです(笑)。↓
いきなり図鑑全集みたいなのをドーンと買ってあげるより
そのときの興味に沿って、少しずつ買っていったほうが
良く読むし、ありがたみがある気がします。
①まず買ったのは、「小学館こども大百科」 
まず、総合的にいろいろ載っている図鑑がいいかなと思い
「小学館こども大百科」を古本屋さんで買いました(2,000円くらいでした)

こちらの図鑑は、あらゆるジャンルのテーマを
あいうえお順に掲載しており、大人が読んでもかなり面白いです。
これ1冊で漫画から宇宙までさまざまなことが網羅されているので
ファースト図鑑としておススメです。
この図鑑でコドモの興味の方向性を探ることもできると思います。
ちなみに、ウチのムスメは、なぜかキノコのページがお気に入りです。

②帰省で県外に行くことが多いので「1日10分でちずをおぼえる絵本」
この絵本を買う前に「1日10分でちずをおぼえる大きなパズル」を買ったところ
反応が良かったので、購入しました。
詳しくはコチラの記事で。→ 
③オリンピックがあったので「1日10分でせかいちずをおぼえる絵本」も購入
テレビに出てくるたくさんの国旗に興味を持っていたムスメに購入しました。
➄世界地図の絵本でナスカの地上絵やピラミッドに興味を持ったので「世界遺産 ふしぎ探検大図鑑」を購入
古本屋さんで1,000円くらいでした。
図鑑は高いので、古本屋さんも積極的に使わせてもらっています。
フリマでも500円くらいで売っていたりします。
これからもムスメやムスコの興味のおもむくままに
少しずつ図鑑が増えていくかもしれません。

そして、図鑑で得た知識は
できるだけ実際に試したり、現物を見たり
実生活に落とし込んで、コドモと一緒に体感したいなと思います。

ちなみに今日は、ムスメと図鑑を読んで、
モアイ像で有名なイースター島は、チリにあることを知りました。
図鑑っておもしろい!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ブログ村パーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする